HOT BUTTERED KANA

ホット・バタード・カナ

南の島だって、冬はなんだかんだ寒い。

そんなわけで、南の島奄美のお酒を使った、冬のおもてなしドリンク、

"HOT BUTTERED KANA / ホット・バタード・カナ"はいかがですか。

このカクテルは、

ラム酒ベースのHOT BUTTERED RUM / ット・バタード・ラムからヒントを得ています。

でも、「ほっとばたーど・・・?はてさて。」と、この長い横文字にピンとくる方は少ないはず。

私は知らなかった。知らなかったけど、覚えた。覚えられた。だってそのままだから。

 

"HOT BUTTERED KANA / ット・バタード・カナ"とは、黒糖焼酎の加那をベースとするカクテル。

その名の通り、「温かくした」「黒糖焼酎加那に」「バターを入れて」作るのです。

 レシピ 

 

①お湯を沸かします

②お湯が沸けるのを待ちながら、グラスに黒糖を投入

③黒糖をじんわり溶かすつもりでお湯を注ぎます

④黒糖が溶けるのを少し待ちます

(完全に溶けなくてもOK

⑤お湯と同量の黒糖焼酎加那40度をゆっくり注ぎ入れます

(加那:お湯=5:5の割合でお湯割りを作るイメージ)

⑥時計回りに3回、マドラーでゆっくりとかき混ぜます

⑦バターを浮かべます

 

マドラー代わりにシナモンスティックを使うと、よりスパイシー。

お湯の代わりに温かいミルクや豆乳を投入すると、よりマイルド。

眠れぬ夜に、ホッとするカクテルです。